ソファーの寿命や耐久性について

ソファーの寿命や耐久性は、使い方や使われている素材の質によって変わってきます。まずは、ソファーの寿命についてです。ソファーの寿命は、一般家庭で使った場合、5年から7年程度となっています。フレームが木製の場合、10年以上使うことが出来るつくりのものもあります。ですが、表面の素材とクッションの素材は、消耗しやすいため、フレームが頑丈なつくりであっても、座り心地の良さが10年以上維持できるものはなかなかありません。ただ、高級なファブリックなど、表面の素材の種類によっては、上記の寿命よりも長く使うことが出来る素材もあります。より長く使うためのポイントとしては、やはり、汚したら綺麗にするなどの日頃のお手入れがとても大切です。クッションの素材に関しては、エステル綿よりもクリスター綿やファイバークッション材の方が耐久性が高く、さらに、ポケットコイルスプリングや高密度ウレタン、モールドウレタン、フェザーなどを組み合わせた構造であれば、より耐久性が高くなります。

ですが、このように耐久性に優れたクッションの素材であっても、日頃のお手入れが重要になってきます。そのため、ソファーをより長期間使いたいのであれば、お手入れに加えて、カバーを掛けたり、クッションの素材を交換するなどの工夫が必要です。より耐久性のある内部構造のソファーは、それぞれの素材の品質が良いものであれば、値段は高くなりますが、その分、長く使うことが可能です。ですが、先にも述べたように、ソファーはいくつかの素材を組み合わせて作られています。頑丈な木製のフレームであっても、強い衝撃が加わるとひびが入り、耐久性が落ちる場合もあります。スチール製のフレームも頑丈ですが、溶接部分が錆びると、その場合も耐久性が落ちます。このように、耐久性が高い素材で作られていても、普段の扱い方が悪いと寿命を短くしてしまう可能性があるため、丁寧に使うことも大切です。頑丈で長く使えることも大切ですが、やはり、ゆったりと座ってくつろぐための家具ですから、その座り心地の良さも大切です。インターネットで購入する場合は、使う人に合ったサイズであるか、クッションや表面の素材には何が使われているのかなどを必ず確認するようにします。

お店に行って購入する場合は、実際に座って、その座り心地を確かめることをおすすめします。使われている素材が気になる場合は、お店のスタッフに質問すると、より詳しく知ることが出来ます。このようなポイントを押さえて、長く愛用できるソファーを見つけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*