リビングにぴったりのソファー

大きな家に住んだ経験がなかった私は現在の自宅を購入した時にどうしても叶えたい夢がありました。それはリビングにソファーを置くことです。しかし、実際に狭い我が家に置くのは至難の業でした。広いリビングがある住宅なら、テーブルとセットで置くことも可能ですが、わずか10畳ほどのリビングダイニングの我が家にダイニングテーブルまであるのですから、いかに配置するか大変困りました。最近まで食器棚の前に置いていたため、食器棚の開け閉めが出来ずにとても使いづらい間取りでした。長年そんな使いづらい生活を送っていましたが、発想の転換でソファーの向きを変えてみたところ、食器棚の開け閉めも可能になり、テレビを真向いに見ることができない配置になりましたが、テレビを見ることに差支えもあまりありません。思ったより部屋を広く使えることに気が付いて、模様替えで快適な生活を送っています。


我が家のソファーは2代目で、現在のものはリクライング機能がついている2人掛け用のものです。このリクライニングはとても快適で、疲れた時には背もたれを倒してベッドのような感覚で使用できます。日本人は畳の生活が落ち着きますが、常に正座で座っているのも足に負担がかかる時があります。そんな時に椅子に座る生活はとても楽で快適な部分があります。ダイニングテーブルの椅子には長時間座っているのは辛いのですが、ソファーは長時間座ってテレビを見て、気が付いたら寝てしまっていたということもしばしばあります。自宅でリラックスできる空間をつくることは快適な住いの必須です。広いリビングでなくても、工夫次第でソファーを配置することも可能です。最近は伸縮性のあるカバーも販売されているため、少し高価なものを購入しても汚れを気にせずに使用できます。カバーを取り換えることで雰囲気も変わるのでインテリアの衣替えも容易にできます。お客様が来たときにもフローリングの床に座ってもらうより、椅子に座ってもらうほうが気兼ねないです。念願のソファーのある生活を送れて、現在の私は自宅のリビングでまったりとした時間を過ごすのが1番の楽しみでもあります。


このように快適なリビングにぴったりの自分だけのソファーを色んなお店を見て回り決めることで納得のいくインテリアが実現します。リラックスしたリビングには納得がいくまでお店周りをして配置にも工夫してリラックスできるリビングを実現することは理想です。

Blog Home